土地の査定と売却の費用|不動産おもにマンションの売却と相場

屋根の塗装・住宅のリフォーム

古い物件を手作りリフォーム

 

アパートのリフォーム

今年からすんでいる賃貸アパートは、家賃の安さと駐車できる車の台数で決めた 格安の古い物件です。 でも、外観ほど内装は古さを感じず、手を入れれば快適に過ごせると判断し、 許可を得て、手作りリフォームを実践することにしました。

 

大きなリフォームは、トイレと換気扇フードでした。 トイレは、和式だったため、ポータブルの洋式便座を取り付けたのですが、 乗せただけでは安定せず、特に子どもが座ったときにぐらついて危険なので、 どうにかして床にしっかり固定しようと考えました。

 

しかし、昔ながらのタイル張りの床にはうまく設置できず… 床に板を敷き詰めて、床板と壁を固定し、便座と床を固定するという、 2段階方式でリフォームしました。外壁リフォーム費用

 

水回リのフォーム

そのほか、水洗タンクの中身も古く、 水の流れが悪かったり、パイプからの水漏れもひどかったりしたので、 DIY用品がそろうホームセンターで、部品を買い集め、 自力でなおしていきました。

 

換気扇は、元々ついていたものが、手入れをしておらず、 また、小さいサイズで換気の力も弱かったので、 ぴったり合うサイズのものにまずは買い換えました。

 

これだけでもかなり吸い込みの状態は変わったのですが、 さらに強力に換気できるよう、 ガスコンロの上をすっぽり覆う、大きなフードを取り付けることに。
市販のものではサイズが合うものがありませんし、 購入するとなると、かなりのお値段がします。 そこで、トイレのリフォームでも活躍した板を利用して、 必要な大きさのフードを作りました。

 

キッチンのリフォーム

カーブしていたらかっこいいのに、とか、 手入れのしやすい素材を、など考えていると、 すぐに使えるようにはならないので、 直線的なフードですが、 色つきのニスで仕上げた焦げ茶の木目調のフードは、 余った板で作った、調味料をおける棚と同じ色にして、 キッチン全体のアクセントになっています。

 

床やダイニングテーブルがナチュラルウッド系、 壁やブラインドがアイボリーなので、 大きなフードですが、濃いめの茶色が キッチン全体をひきしまった感じに見せてくれます。

 

そのほか、さらに余った板で、リビングの飾り棚も作成しました。 いろいろなものを打ち付けてリフォームしてよいと許可してくれた 大家さんに感謝です。